3歳までのお子さまを教室に入れることは逆効果!

塾や教室に入れる効果は?

3歳までのお子さんを塾や教室に入れることは、むしろ逆効果!
家庭こそ最高の教室である

家庭保育園では、0〜3歳までの乳幼児期にお子さんを塾や教室に入れることは、むしろ弊害になると考えています。それには、3つの理由があるからです。

まず一つ目の理由は、生活リズムの問題です。

乳幼児期にはきっちりとした生活リズムがまだ確立されていない場合が多いものです。
幼児教室に通うとなると、一人ひとりの生活リズムやそのときの体調、機嫌などにかかわらず、「○曜日の□時から△時まで」と決められた曜日と時間にお教室に行かなければなりません。お教室の学習時間には、おなかがすいて不機嫌だったり、眠くてぐずってしまったりすることもあるはずです。しかも、お教室に通うのは、たいてい週に1回50分授業。それで果たして、効果的な教育を受けることができるでしょうか? 

二つ目の理由は、お子さん一人ひとりの個人差の問題です。

0〜3歳といえば、一番成長の差が大きい時期です。たとえば4月生まれのお子さんと3月生まれのお子さんとでは、同じ学年になるにしても発育・発達には大きな差があります。4月生まれのお子さんがすでに歩くことができ、言葉もいくつか話せるようになっているころ、3月生まれのお子さんはまた生まれたばかりで、おっぱいやミルクを約2〜3時間おきに飲み、一日の大半を眠って過ごす状態です。

ところが塾や教室では、これほど違うお子さん同士が同級生として同じクラスになり、同じカリキュラムの授業を受けることになるのです。このような場合、生まれ月が遅いお子さんは、どうしても授業の内容について行けなくなったり、逆に4月生まれのお子さんが授業の内容を物足りなく感じたり…ということは、想像がつきますね。

三つ目の理由は、ほかの子どもとの比較の問題が生まれることです。

発達に個人差の大きな時期のお子さんが集まる塾や教室では、お母さんは意識していなくてもつい、よその子とわが子を比べてしまいがちです。
特に第一子の場合は、体格、話せる言葉の数、授業に対する集中度などがよその子と違うとどうしても気になってしまいます。すると、よその子とわが子を比較して「どうしてうちの子は、○○が遅いのだろう?」などと不安になったり焦りを感じたりしがちです。そうしたお母さんの気もちを、お子さんは敏感に感じ取り、楽しいはずの学習が大きなプレッシャーになってしまうことが多いのです。

また、比較の心はお母さんだけでなく、お子さん自身にも別の形で芽生えます。この時期の1年の違いは、能力的にも大きな差が出てきます。
たとえば、4月生まれのお子さんは、運動面や言葉の面での発達がほかの子より一歩先んじているように見えますね。すると、自分はほかの子より能力がすぐれているのだと勘違いしてうぬぼれ、ほかの子をけなしたり馬鹿にしたりするような子どもになり、いずれにしても母親にはストレスが増え、それがまた子どもに悪影響を与えることになるのです。

IQ200児も誕生「家庭保育園」最大の理由
「家庭保育園」と国立東北大学未来科学技術共同研究センターとの共同研究
塾や教室に入れる効果は?

胎児・乳幼児教育の重要性
  • IQ200児も誕生「家庭保育園」最大の理由
  • 「家庭保育園」と国立東北大学未来科学技術共同研究センターとの共同研究
  • 3歳までのお子さまを教室に入れることは逆効果!