家庭保育園
わいわい掲示板

当ページ掲示板は日本学校図書(株)「家庭保育園」が運営しているものです。
★「家庭保育園」に関する楽し嬉しい成長報告をお待ちしています^^

ここは「家庭保育園現会員」「家庭保育園OB会員」
皆様の触れ合いの場所です。
そして「家庭保育園」ママさんパパさんの、とっても嬉しかったことや、
お子様の近況報告ができる場所です。
それぞれのお子様の(ほんの少しの)日々の成長を発見し報告できる場であり、
皆でそれを喜び合える暖かい場所です。

昨日より今日成長した「我が子」を発見することほど素敵なことはありません。
他のお子さんと比べられることなく、
いつでも認められ愛されているお子さんは本当に幸せです。
それは、見ている人をも幸せにしてくれます。

「家庭保育園」本社わいわい掲示板のお約束
「家庭保育園」以外の教材、「家庭保育園」に対する批判や中傷発言、
または、会員様のお子様への働きかけに
悪影響や不安を抱かせると思われる内容である書き込みと判断した場合、
予告なしに、即刻削除いたします。

また不特定多数の方が来られる掲示板のため
メールアドレス・URLアドレスの書き込みはご遠慮願います。

※お写真&近況報告は来月の「家庭保育園」ネットチャイドルや
「家庭保育園」が運営するホームページで使わせて頂くこともあります。

  • [7279]
  • 初めまして、始めます!
  • Name:オードリー
  • 2014/03/04(火) 10:07
  • [ 返信 ]
  • [ 修正 ]
  • host.126.57.147.169
5ヶ月の男の子の母親です。
カホ、始めることになりました!

先日、本当に軽〜い気持ちで資料を取り寄せました。

後日送られてきた資料の「天才!」「IQ200!」を見て
主人も私も「いやいやいやいや…」と苦笑い。
主人は中身を読むまでもなく「反対」。私も同意見。
子どもは野山を駆け回ってればいいの!お勉強なんて
小学校から嫌でもするから!との結論に達しました。

次の日、資料を捨てようと手に取ったけれど、捨てる前に
読みながらツッコミを入れてやろう、とイヤ〜な考えで
パラパラめくってみると、「家庭が一番の学校、母親が
一番の先生」という旨の一文を見つけました。

大変驚きました。私が考えていたことそのままだったからです。

そこで、捨てようとした資料をもう一度、と言わず
何度も何度も読んでみました。読むたび、私や主人が
拒否反応を起こした「天才」や「IQ200」の意味が
わかってきました。頭デッカチの詰め込み早期教育、では
なかったのね…と。

それから主人が帰ってくるなり熱く語り、アドバイザーさんに
来ていただき(大変営業「不」熱心な良い方でした(笑))、
スタンダードコースを始めることになりました。

息子はまだ絵本を静かに見るなんてできず、触ろうとしたり
舐めようとしたりして、読み聞かせどころではありません(^^;)
でもドッツをやり終わるとニコーッと笑います。

いつか皆さんのように何か嬉しいご報告ができたらいいな、と
思っています。
  • [4773]
  • Re
  • Name:ちょーちちょーち
  • 2014/02/06(木) 09:04
  • [ 返信 ]
  • [ 修正 ]
  • host.119.229.13.133
オードリーさん、こんにちは。
大変貴重なご経験談をありがとうございます!
魅力的なストーリー展開のご文章に、はらはらドキドキしながら読ませて頂き、そして最後はほっと致しました。

オードリーさんご夫妻の「子供は野山を・・」のご感覚、とても自然で健全なものだと思います。
また、私自身も、過去には「胎教」の「教」の字の語感がフィットせず、残念ながら胎教の手段を探すことなく、家庭保育園の胎教をのがしてしまった経緯がありますので共感致します。

子供の健全な発育を望めば望むほど、本来の姿に沿った育児を求めることになるのですよね。家庭保育園は、それに反するのではなく、まさにその本来の育児こそを提案しているのだと私も思います。
生後すぐからの運動プログラムや知性や感性を伸ばすプログラムや、触れ合いを大切にするさまざまな親子遊び。それらはすべて、赤ちゃん自身が「いつになるかわからない、先」ではなく「今!」求めていることなのだと私に気づかせてくれました。動きたくてたまらない、学びたくてたまらない、感じたくてたまらない赤ちゃんの求めに可能な限り応えてあげられるのは、やはりママをはじめとするご家族のみ。オードリーさんが、ご自身の思いと家保のパンフの思いが合致することにお気づきになれて本当に良かったのではないでしょうか^^

息子さん、ドッツを初見でニッコリ笑われたのですね。
お子さんにとって、数の世界の扉はすでに開かれたのでは?と感じられます^^。
この先も、数だけでなく、素晴らしい学びを家庭保育園でたくさんご経験されていくことと思います。楽しみですね!
始められてすぐのご変化なども、もしよろしければ是非お教えくださいね^^
  • [4774]
  • Re: 初めまして、始めます!
  • Name:lace
  • 2014/02/06(木) 11:09
  • [ 返信 ]
  • [ 修正 ]
  • host.110.233.29.166
オードリーさん、はじめまして
またまた新しいお仲間が増えたのですね^^?!とってもとってもうれしく思います♪これからよろしくお願いいたします。

お子さん5ヶ月ということは、そろそろ動く事も楽しみだした頃かしら?そうなると、ちょっとしたテクニックで働きかけがより充実することもあります^^そういったテクニックや体験談は、会員専用のカウンセリング掲示板でやりとりされていますよ^^
スタンダードコースをはじめられたという事ですから、あちらの掲示板もぜひぜひ活用なさってみて下さいね^^

>「家庭が一番の学校、母親が一番の先生」

そうなんですよね^^
結局、そうです^^と断言してしまう私の一番上の子は4月から高校生になります。
田舎ゆえ乳幼児期の家庭保育園の遊び=学びをベースとし、家庭学習は学校の宿題を基本、プラスアルファの習い事で、進学のための塾無しで高校受験も制しました。
ま、中学生になりますと、学びというより、非常に即物的な学習…勉強だなーと感じる時間が増えてしまったのですが、小学生まではほんと「親子での楽しい学びの時間の貴重さ」も良い思い出として積み重なっています

家庭保育園のアフターフォローで目にするかと思いますが、子育ては親の個育ちでもあるそうです。
これからたくさんの親子の思い出に、家庭保育園も手伝ってくれると思います^^
そのうち成長報告も読ませて下さいね。お待ちしています〜^^♪
  • [4775]
  • Re: 初めまして、始めます!
  • Name:オードリー
  • 2014/02/06(木) 17:18
  • [ 返信 ]
  • [ 修正 ]
  • host.126.57.147.169
>ちょーちちょーちさん
下手な文章ですが、褒めていただき嬉しいです(*^^)
私もあとから胎教コースを知り、金銭的にはおそらく
無理でしたでしょうがやっておきたかったなぁ、と思いました。

>子供の健全な発育

その通りですね!確かに、ほっておいても子供は成長するでしょう。
でも昨今の学校・家庭での問題…学力の低下、人付き合い、自己肯定感…
うまく言えませんが、たくさんの問題を目にするたび、人間の根幹に
なるだろう育児の大切さを感じます。何をもって成功・失敗とは
言い難いですが、「自分らしく生きる」事ができる人間になれるよう
育てたいな、とボンヤリ思ってます(^^;)

>laceさん
4月から高校生ですか!おめでとうございます♪
塾なしで受験…実は私もそうしたいです(まだまだ先ですが(笑))!
きっと息子は自転車に乗るようになれば家より友達と遊びに
行っちゃうだろうなと思うので、今のうちにいっぱい遊んで、
laceさんのおっしゃる

「親子での楽しい学びの時間の貴重さ」

を味わいたいです。
こんな自分でもカホの仲間になれて嬉しいです(*^^)
会員制の掲示板もモチロン活用させていただきます!
  • [4796]
  • Re: 初めまして、始めます!
  • Name:あけみん@12歳と1歳9ヶ月の娘
  • 2014/03/01(土) 01:20
  • [ 返信 ]
  • [ 修正 ]
  • host.110.4.144.66
オードリーさんへ

初めまして。
12歳と1歳9ヶ月の娘のママです。家庭保育園は、長女の時に出会いました♪

それにしても、資料そのままでよかったですね!!きっとご縁があったのですね〜。
なかなか理解しづらい部分もあるのかもしれませんが、実践していくうちになるほど〜と実感・納得されることと思います。

私もその昔・・・お外を駆けまわって季節を感じながら育った時代の者です。
ですが、今は、せっかく気候が良くなっても大気汚染やら、車も多いし・・などなどなかなか自由に遊ぶのも難しい時代ですね。そんな状況ですが、3歳まではまず、家庭保育園でしっかりとした育児ができると良いですね。
一生の財産ですから。

これから一緒に楽しく頑張って参りましょう〜(^^)
  • [4797]
  • Re: Re: 初めまして、始めます!
  • Name:オードリー
  • 2014/03/04(火) 10:07
  • [ 返信 ]
  • [ 修正 ]
  • host.126.57.147.169
あけみんさん、初めまして(*^^)

カホを始めて1ヶ月ですが、すでに「もしあのまま資料を捨てていたら…」とゾッとしてます(笑)。
資料を今でも読み返しますが、やはり万人受けのキャッチコピーではないので「もったいない!」と思う反面、
この理解しづらい部分を乗り越えた者だけがカホっ子になれるのね…!などと思ってしまったり…(笑)。

最近は各メディアで「3歳児神話なんてまだ信じてるの?」というフレーズを目にします。
でも、やっぱり、「3歳までの親子の関わり方」って絶対その後の将来に多大な影響を与えると思います。

休まず、あせらず、あきらめず、を大事にがんばっていきたいと思います(*^_^*)
体験談総集編 やっててよかった家庭保育園&ネットチャイドル わいわい掲示板