家庭保育園
わいわい掲示板

当ページ掲示板は日本学校図書(株)「家庭保育園」が運営しているものです。
★「家庭保育園」に関する楽し嬉しい成長報告をお待ちしています^^

ここは「家庭保育園現会員」「家庭保育園OB会員」
皆様の触れ合いの場所です。
そして「家庭保育園」ママさんパパさんの、とっても嬉しかったことや、
お子様の近況報告ができる場所です。
それぞれのお子様の(ほんの少しの)日々の成長を発見し報告できる場であり、
皆でそれを喜び合える暖かい場所です。

昨日より今日成長した「我が子」を発見することほど素敵なことはありません。
他のお子さんと比べられることなく、
いつでも認められ愛されているお子さんは本当に幸せです。
それは、見ている人をも幸せにしてくれます。

「家庭保育園」本社わいわい掲示板のお約束
「家庭保育園」以外の教材、「家庭保育園」に対する批判や中傷発言、
または、会員様のお子様への働きかけに
悪影響や不安を抱かせると思われる内容である書き込みと判断した場合、
予告なしに、即刻削除いたします。

また不特定多数の方が来られる掲示板のため
メールアドレス・URLアドレスの書き込みはご遠慮願います。

※お写真&近況報告は来月の「家庭保育園」ネットチャイドルや
「家庭保育園」が運営するホームページで使わせて頂くこともあります。

題名
本文
[ 絵文字入力 ]
名前
文字色
画像ファイル
(600KB以内 JPEG/GIF/PNG)
修正パスワード (半角英数字20文字で入力してください)

機種依存文字、半角カタカナはご使用しないようご注意ください。
機種依存文字、半角カタカナを使用してしまうと、
文字化けを起こす可能性があるため、ご使用はお控えください。


[ 機種依存文字一覧 ]

  • [7323]
  • 近況報告
  • Name:響ママ@息子五歳、二歳
  • 2014/11/28(金) 14:57
  • [ 返信 ]
  • [ 修正 ]
  • host.124.146.174.229
お久しぶりです。
ご報告を、とおもいつつ長々時間が経過してしまいました。
春から息子も私も忙しく、仕事もあり次男はやんちゃざかり。(^^;;
長男は感受性豊かな、自分で物事を解決できるような逞しさと繊細を併せ持つ子になりました。
身内に不幸があったときも通夜でいつまでも仏様の前で泣いておりました。
亡くなった方がどこにいくのか、魂は、など哲学的といいますかそのような話から物理的にどうするかなど納得いくまで大人に聞いてなんとか心を鎮めておりました。
幼稚園では困った子がいないか見回りながら遊んでいるようで先生からもお褒めいただきました。
運動会では閉会の言葉に抜擢され、数々の競技でアンカーをつとめました。
立ち位置や指示行動をなんなく覚えるだけでなく、わからない子に教えているそうで先生からも通常2日休むとついていけなくなるから休みはしないでくれという幼稚園ですが、忌引き開けで「長男くんは心配いりませんでしたよ」といわれ、ホッといたしました。
年長さんになると知恵や口の達者な子に喧嘩をふっかけられますが、じゃあその子とは遊ばないではなく、「どうしたら子供だけで解決できるか?仲良くあそべるか?要求をみんなが納得するか?」を考える子のようで、問題解決に三週間かけて解決したよ!と帰宅したときの笑顔が忘れられません。
人数が多い中で逞しく社会経験をしてくれて今の園でよかったと感じます。

夏には大きな絵画コンクールに作品を出してくれと頼まれまして締め切りギリギリでしたが塗料が乾くなり入稿いたしました(^^;;
それが最優秀賞をいただきまして、そこでもらったロボットキットで黙々あそんでいました。

勉強面では相変わらず理数頭です(^^;;
わたしが指摘されることも増え、旦那に私がしっかりしろといわれています(^^;;
旦那と難問パズル問題集をあーでもないこーでもないと解いていたりオセロや将棋をしたり、微笑ましいです。父親の役割の真髄の一つは遊びを通して社会で必要なことを学ばせることだと私たち夫婦は話し合っております。
子供の将来について語れる時間も幸せであります。
長男はキララはのんびりやってきましたが、難易度は実に問題がなく進んできてますので楽しい読み物と化してます(^^;;学習習慣がついたのはキララのおかげです。

次男は実にお兄ちゃん子でありまして(^^;;
うんていに小さいころからぶらさがってる次男、やはりすごい効果です。。
プレ教室で連日見本となっております(^^;;
体操教室の育成から声がかかりそうな話をいただいてまして、長男とともに入会を考えております。
初めまして。初めて投稿させて頂きます。
3歳になったばかり男の子と1歳3か月の男の子の母です。

長男が3か月のころから,カホを初めました。
少しずつの働きかけでしたが,長男は絵本が大好きで手先が器用な優しい子になってくれました。次男が生まれ里帰りした1歳8か月のころには,大好きなこぐまちゃんのほっとけーきの焼ける音を,私に読み聞かせをしてくれたのが,心に残っています。3歳になった長男は,ちょっと慎重派ですが,雲梯でさるごっこをするのが大好きで,恐竜展に行けば恐竜の図鑑に没頭するような知的好奇心いっぱい男の子に成長しました。その姿を見てか,弟も兄の横で,絵本を広げ一人ぶつぶつと読んでいます。
 しかし,次男が生まれいっぱいっぱいになってしまった私。長男の赤ちゃん返りに,次男のやんちゃぶりに自分の気持ちが追い付かず,前をむかねばと思い,この掲示板を見るに至りました。
 10月9日のゆうさんの投稿を見ると,共感する思いがたくさんあり,凄く心強く感じました。我が家も最近やっと兄弟で笑いあい遊ぶ姿が見られるようになり,もっと楽しくすごせたらなと思うところです。
 子どものもつ力をもっと強く信じて,子どもたちと楽しい時間をすごしたい!と思っています。ぜひ,みなさんの仲間に入れてください!
家庭保育園を始めて2年になります。
2才4か月の息子がおります。
息子は、数の中でも、1〜3の数字と量は一致して
理解しているようで、量をみてそれを数唱することも
出来ています。最近は、3から1つなくなると
2、2から1つなると1、という風に何でも結び付けて
遊んでいます。
4と5も、数と量は理解していて、2と3を足すと5、
などは分かっているのですが、時々、4と5の量に対する
理解は、4はどっち?5はどっち?と聞けば理解はして
いますが、6以上になると、まだ困難で…
1歳代の時にチューターで、かずあそび4を行ったときは
6以上も正解してびっくりしたのですが、
ドッツの働きかけだったかもしれません。

絵本は1人で部屋にこもって、30分ほど
は黙々と一人で絵本を読む絵本好きの息子です。
一日、20冊ほどは最低、親子で読むように
しています。
自宅には700冊程の絵本があるのですが、
絵本が多い分、息子が持ってくる絵本は、
毎日違います。
図鑑から始まり、ジャンルや分野も毎日
違います。

よく、暗誦は毎日同じ絵本を読むと、
しぜんと暗誦できるようになるし、
暗誦は記憶力や日本語の語彙力にも
プラスと聞きます。

文字は、ひらがなは完全にマスター
しており、見て発語もできるので、
いつ覚えたのかというより読めて
いて、一人で勝手に覚えてしまった
のかなと思います。

2才の誕生日の翌日には突然、発語も
5語文以上は、ペラペラ話すので、
やはり赤ちゃんの頃からの家庭保育園の
絵本のおかげかな、とも感謝しております。

欲をいえば、そろそろ、もう少し
暗誦できる絵本を増やしたいのですが、

よく、知性の基本は、もちろん家庭保育園の
働きかけの大切さもあると思いますが、
どれだけ没頭するか、というのも、子供の
知性を伸ばすのに大切であると、とある諸説
で聞いたことがあります。

息子は、確かに集中力はあり、パズルなどは
1歳8か月で48ピースまでマスターし、
集中して1時間で30箱(簡単な物から含めて)
仕上げたことがありました。

絵本では1時間、自分で部屋にこもり、絵本に
埋もれて乱読してる時もありました。

何でも良いのですが、一つに没頭して夢中に
なることは親として伸ばしてあげたいと思って
ます。
みなさま、こんにちは。
いつも素晴らしい成長報告、近況報告を読ませていただきありがとうございます。驚きの成長過程に、毎度目を丸くしてしまいます。わが家はあまり華々しいご報告はありませんが、家庭保育園をやってて良かったな、と思える日々を振りかえりつつ、これからもカホ卒っ子ママとして育児のモチベーションをあげていきたいです。どうぞよろしくお願いします。


いま小学生の息子は夏前からクラシックギターを習い始めました。先生からはよく「耳がいい」「集中力がすごい」「頭がいい」と言われます。アフターフォローでアドバイスいただきながら取り組んだ第三教室を中心に、家庭保育園の音に関する働きかけが息子の聴く力を伸ばしてくれたと感じます。

習い始めてすぐ、楽譜の読み方も教わらないままに自分で音階や曲を弾けるようになっていたので、なんですぐできるの?どんな頭の中なの?と不思議でしたが(親バカですみません)、どうも、先生の指の位置と譜線上のオタマジャクシの位置を見てすぐ覚えて、弾いてみているようでした。
パッと見て記憶して、アウトプットしていけるのは第二教室の働きかけの成果では?!と思います。初見ですぐ弾ける、そして先生から指導されたことをその場で弾けるようになることの繰り返しで、非常にレッスンの進みが早く、3ヶ月ほどで中級レベルを練習することになりました。同じ教室のママ友さんたちに「始めたばかりなのにもうその曲やっているの?」と、驚かれるほどです。

実際には、細く長くギターを楽しめたらいいね、というスタンスで始めたので、日々の練習もそれぞれ曲を2度ほどおさらいして終わり。先生も、コンクールを目指すわけではないと知っているので厳しい指導ではなく、音楽的な理解や成長はまだまだこれからの段階です。
でも、先生のお手本を見て次のステップに進む際に今までの自分のやり方をすぐ修正できる柔軟性は、カホの運動プログラムや各教室の相乗効果を高める取り組み方を、じっくりアフターフォローで教えてもらえた結果だと思います。無理なく楽器を楽しめる様子に、カホをやってて良かったよね!としみじみ喜びつつ・・・これからも、息子のペースを大切にしながら見守りたいです。


画像はちょっと前のものですが、リビングのフローリングに掃除機をかけている息子です。いたずらやおふざけ大好きの、いかにも「男子!」な息子ですが、家庭保育園の徳育や第一教室の絵本の働きかけで思いやりや優しさ、自立心も一緒に育ってくれていると思います。
息子は1歳2か月を迎えようとしています。
カウンセリング掲示板への投稿もさせていただいたばかりですが、嬉しかったことがあったので報告させてください♪

身体の発達は階段や坂道の上り下り、走ったりもできるくらいになり順調に育ってくれています。言葉はまだまだこれからといった形ですが、こちらのいうことは理解してくれています。
絵本はじっくり読むことはまだしませんが、とにかく車が好きで、がたんごとんがたんごとん、とらっくとらっくとらっく、しょうぼうじどうしゃじぶた等は車を指しながらわぁわぁとはしゃいでします!
きんぎょがにげた、ではきんぎょではなく、表紙にある車を見つけては喜んでいるという乗り物大好きっ子です(笑)

嬉しかった出来事ですが、離乳食後、こぼしたり、こぼしたものをいじったりはしたものを片づけ、テーブル(我が家はローテーブルです)を拭いているときに、先日息子が自分でウェットティッシュをあけて取り出し、テーブルを拭き拭きしてくれたのです!
そのあとはテレビやテレビ台も近くにあるものを拭き拭き。。。!
ウェットティッシュをさらにだして拭いてくれるので、もういいよ〜とティッシュを見てみると、先ほどまで拭いていたものは乾いてカサカサに。もしかして乾いたから新しいのを出したのかしら!?とびっくり。

まさかそんなことをしてくれるとは思わず、本当に驚きました。マネをするころですし、カホっこちゃんなら皆そんな感じなのかもしれないし、よく分からないのですが、私のなかではすごい〜!!という出来事でした。主人はたまたまじゃない?とあまり共感してくれないので、投稿させていただきました(^_^;)

それ以降、たまにではありますが、かわいいお手伝い姿を見せてくれています♪

働きかけはなかなか完璧にはこなせず、これでいいのかと自問自答する日々ですが、確実に成長してくれている姿にホッと安心させてもらっています。
これからの成長もとても楽しみです!!
みなさま、こんにちは。初めて書き込みさせてもらいます。いま小学生の息子が2歳過ぎから家庭保育園をフルセットで始め、アフターフォローにも大変お世話になりました。何度もあたたかく指導してもらって、その度に子どもの笑顔が輝くようになった喜びは何にも代え難いもので・・・思い返すも感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、こちらの掲示板を読みながら、今働きかけ真最中のカホっ子ちゃんたちや、小中高生になったカホっ子の皆さんの成長報告の素晴らしさ、愛らしさに、感動の嵐!とても勇気づけられます。カホで教えてもらった穏やかな育児を思い出しながら、自分のためにも、少しずつこちらで成長報告させていただければと思います。どうぞよろしくお願いします。


カホ卒業後は、地元の大学附属の小学校を受験し、縁あって抽選もとおり、無事合格することができました。お受験対策と言われることがほとんどできないまま合格できたのは、家庭保育園の全教室(通信プリントキララを含む)で、総合的な力が培われたおかげとしか思えません。息子本人がテストを受けてみたいと希望して、明るくハツラツとその場を楽しんでいたことがとても印象的です。カホをやっていたことで、学ぶことに楽しく取り組めるのが本当にうらやましく感じます。

その後、急遽、夫の海外転勤が決まり、アメリカへ引っ越して息子は現地の公立小学校に通い始めました。家庭保育園の英語での下地があったおかげで、自分でどんどん英語の読み書きできるようになり、学校からの英文の連絡に四苦八苦していた私は、とても頼もしかったです。


第2教室での数的働きかけやプリントキララをやっていたので、本人も算数が好きでいつもほぼ満点。アメリカでは低学年から文章題が多く、自分の考え方を論理的に説明することが要求されたのですが、それも家庭保育園の取り組みの中で自然にできるようになっていたようで、ありがたくも私は全く手伝う出番がありませんでした。上位者のみが受ける算数テストをクラスでただ一人受けるなど、親が思う以上にのびのびと逞しく過ごしていました。


現在は帰国して、日本でもともと通っていた小学校に復学しています。息子は天真爛漫というか、なんでそんなにいつも楽しそうなのだろう、と思うような子に育ちました。前向きで、楽観的。そして、どんな場所に行っても、自分らしく楽しく、やっていけるのが長所だと思います。

つい口うるさくガミガミ言いたくなる自分には、アフターフォローでもらったアドバイスの数々がいまも大事な指針です。子どものもつ輝きを信頼して、成長を邪魔せず見守れるよう、精進したいです。(画像は、アリゾナ州セドナの洞窟にて、壁をスルスル裸足で登りました。)長々、失礼しました。これからも、みなさまどうぞよろしくお願いします。
はじめまして、2歳11ヶ月になる娘 ゆいちゃん と、7ヶ月になる息子 たかくん をもつ母親です。

最近こちらの掲示板を知り、迷った時にいつもたくさんのすばらしいご意見に、力を頂き、はたらきかけに取り入れさせていただいております。

はじめての書き込みのため、最初に現在までの状況に触れさせていただきます事失礼致します。

只今息子が2歳になるまでの間、育児休暇です。

家庭保育園との出会いは、普段は単身赴任している夫の元で育児休暇中一緒に生活をしておりましたところ、産後に資料請求をしていた本をきっかけに、夫にも一緒に無料体験を受けてもらい、相談の結果、気になる教材をセレクトして、娘が7ヶ月頃から家庭保育園を開始いたしました。

娘が一歳になった時、育児休暇から復職しました。復職に際して、夫の元からの引越を終え、そして仕事がはじまると、あわただしい毎日になり、息子が産まれるまでの間、お恥ずかし話、ほとんど教材はおかざり状態で、主に、車内でのCDの活用と、毎日とはいかなかったのですが、気がついたときに絵本を読んであげたぐらいでした。

その間、日中は実父が預かってくれ、家庭保育園のプログラムではありませんが、実父が今までに私の姉の子を日中同じように預かり育てていた経験をもとに、独自の子育てで、愛情たっぷり熱心に接してくれましたので、おじいちゃん子のゆいちゃんに育ちました。

たかくんの出産2ヶ月後に、再び単身赴任の夫の元に引越し、
片づけが落ち着いた頃から、家庭保育園のはたらきかけを再開し、母親学用資料に目を通す日々です。

そんな中、今年お盆に実家に帰省の際、実父が孫のために毎年つくってくれる大人も泳げる巨大なプールに、今年はゆいも入れてもらえることを楽しみにしなかなか進まなかったトイレトレーニングが進み、実際喜んで遊ばせてもらったことと、会報誌赤ちゃんを泳がせように関心を持っていたことが重なっていた時期に、今住んでる近所にスイミングスクールのチラシをきっかけに、スイミングを考えはじめ、ゆいのスイミングしたいという気持ちを一日体験での表情と言動で実感し、ゆいの入会申し込みを決めております。
ゆいは一人で入るコースの入会です。

ゆいが、スイミングと体操をはじめるにあたり、ぐっと心が成長したように感じました。
また、今回たかくんのベビースイミングの事では、私が周囲を巻込んで、悩み行動してましたが、ゆい自身から、こどもの5つの願いを感じる場面が多くあり、わたしには大きな収穫となりました。

家の中では、甘えたい気持ちもいっぱい示しますので、カウンセリングの方のアドバイスの実践に心がけてるところ、やきもちや追いやりもましになり、3人でいろんな事が一緒に楽しめるようになってきて、弟を思いやる姿がたくさん見受けられます。
私が用事中に、二人でゲラゲラ大声あげて笑ってる声が聞こえる場面も多くなり喜びです。

日々の子育て、これでいいのかと親側の不安やいろんなつまずきに、この掲示板や、カウンセリングで、相談できる事は本当に救われますね。

今後とも、宜しくお願い致します。
いつもお世話になっております。
娘の華帆は、二歳七ヶ月になりました。
最近、体操教室に通い始めました。

最初は七月にお試しだけのつもりで短期教室に参加したのですが、娘が「体操クラブに通いたい!ずっと体操したい!」と言うので週に二回のコースに通い始めました。

体操クラブとは言っても、1日二時間あって、そのうち1時間はお絵描きしたり手遊びしたりと言う感じで私の中では一時保育なんですが(^_^;)行きは送りますが、帰りはバスで帰って来てくれますので、そのおかげ様で背中の痛みもマシになりつつあるので有難い事だと感謝しております。

残りの1時間はみっちり体操をしてもらっております。
ところが九月から体操クラブに入会してそんなに日にちも経ってないのに体操クラブに行く日の朝「体操やめたい〜!行きたくない〜!」と泣きわめく事が続いたんです。
やめたいならやめようかな、でも一度見に行ってからにしようと、先日見学をして来たのですが、めちゃくちゃ楽しそうに走り回る娘のはしゃぎっぷりに驚くばかりでした(笑)

実は娘は本当にお転婆さんだから先生達に叱られまくってるんじゃあ?それで行きたくないと言ってるのかな?と勘ぐったのですが、違いました。やっぱり、2歳半過ぎの子にはまだまだママが一番なんでしょうね。

先生達はめちゃくちゃ優しいし、何より娘の事をすごく大事にしてくださってました。先生達にものすごく可愛がられて大はしゃぎしている娘を見て、心底安心しました。

体操の先生って、こんなにも大変な仕事他にある?と思うほど、子供達のお世話をして下さいます。
娘の性格を見抜いて、自主性を重んじて指導してくださっているのを目の当たりにした時は感動しました。
あぁ〜、こうやって子供を伸ばすんやなぁと学ぶことが出来ました。

2歳半から6歳までの子達が集うクラスで、体操の能力にはバラツキがありまくりますが(娘は今の所底辺組です(^_^;))、かけっこをするとスタートダッシュからもう一番速くて一等賞で帰って来るし、でんぐり返しもクルン!っと回って上手ー!と褒められてました。と言っても、底辺組の中での話しですが(^_^;)

何歳まで続けるか分かりませんが、サポートはずっとし続けて行きたいなと思いました。


普段の娘は、毎朝のルーチンを「お勉強」と言っており、「お勉強大好き!ママ、お勉強した〜い!」と言ってくれます。

2歳5ヶ月になって数日のある日の朝、いつもと同じように元素のPOIをし始めて、多分その日はラザホージウムだったと思うのですが「これは、物理学者ラザフォードにちなんで命名された」と説明文を読んで、元素周期表の前に行ってこれやね、と確認すると、「これはポーランドにちなむねんね〜」と娘が言って周期表を指差したのは、ポロニウムの元素でした。ええ!とびっくりしまして、鳥肌が立ったのはこの時でした。

でも、鳥肌はこれだけにとどまらなかったのです。欲を出した(笑)私は、「これは、何にちなむの?」といろいろな元素を次々に聞いていきました。

するとその問いにパーフェクトに答えてくれました。ネプツニウムは、「海王星」プルトニウムは「冥王星」アインスタニウムは「アルベルト・アインシュタイン」ボーリウムは「デンマークの物理学者ボーアにちなむ」と言ってくれました。全て即答です。

私がガリウムを指さすと娘は「融点が低いねんね〜」と確かに説明文に書いてある一文はその通りに答えてくれました。説明文はそれだけではないのですけどね。
他にもたくさんあったのですが、私の方が忘れてしまいました(T ^ T)

ここまで来るとびっくりを通り越して、畏敬の念が湧き上がって寒気がしました•••(笑)

私の趣味で始めた元素でしたが、娘も私が好きなのを察知してくれたのかな、と思います。

あとは、いつも寝る前に唐突にその日にPOIした人物の名前を復習?して復唱してくれています。すごい人が好きらしいです(笑)あ、でもこれらは絵カードからのインプットかもしれませんけどね。

次は、太陽系の惑星に行きたいと目論んでおります(^ω^)絵カードにもあるので

楽しく楽しく、毎日本当に楽しく過ごしております。
大変ご無沙汰しております。
いつも掲示板を拝読して良い刺激を頂いています!
娘は4歳になったばかりです。家庭保育園は4か月からお世話になっています。幼稚園の年少なのですが、幼稚園はのびのび系のおおらかで運動(あそび)に幼稚園を選びました。先日の初めての個人面談では、娘は体操、プール、図工、音楽、絵本などなど全てのジャンルにとても積極的で、夏の打ち上げ花火の絵画(黒い画用紙に色クレヨンで好きに描く)はクラスで一番上手と仰ってくださいました。打ち上げ花火をみせてあげるチャンスが今までなかったのに、想像だけでこんなに繊細にどうやって描いたのかな?と思うくらい(親ばかですみません・・)びっくりしました。
入園前はすごく恥ずかしがりで状況を見てからでないと行動できなかった娘が、どのお友達とも上手に仲良く交流しているようで、うまくみんなと遊びながらも、かつ自分の意見もさりげなく主張できている、身の回りの整理整頓も一人で手早くささっとできいつでも準備万端、先生のお話もすごく聞いていて、おうちでどのようにされてきたんですか?と先生からご質問頂くという信じられない面談内容でした。入園前は超慎重派だった彼女がイキイキと園で過ごしてる様子を知って、本当に幸せに感じました。何もかも、ものすごくのんびりではありますが、今まで家庭保育園で過ごさせて頂いたおかげだと心から感謝の気持ちでいっぱいです!

さて、最近どうしたらいいかな、とちょっと悩んでいる部分は、カウンセリングでお聞きしてました。
あちらでは、どうぞアドバイスをよろしくお願い致します。
いつもお世話になっております。

3ヶ月からカホをはじめた息子は1歳1ヶ月になりました。
もうあんよはお手のものでハイハイする姿は殆ど見なくなりました。しゃがんだり立ったり、物をもって歩いたり、鍵やリモコン等をいつのまにか別の部屋に持っていき箱のなかに隠したりと、家のなかを活発に動きまわっています。
また、ご相談させていただいた離乳食については、最近やっと上手に食べるようになり、ほぼ月齢並みに進むことができました。自分でフォークにさして食べる姿を見るのはなんともうれしいです!

働きかけについては、なにぶん身体を使って遊ぶ時間が長いため、少し滞りがちではありますが、ドッツ、英語CD、ボード類は楽しく遊んでいます。
絵本は最近やっと指差しをおぼえたので、色々さしてくれます。開いたページからなかなか進まず、数ページで閉じてしまいます。
ただ色々な本を手に取ってくれるので嬉しく見ています。
123456|7|8910続きは体験談総集編へ
体験談総集編 やっててよかった家庭保育園&ネットチャイドル わいわい掲示板